電子マネーを導入したい場合にすることって?

電子マネー決済を導入すれば売上増につながるかも

店の売り上げを増やす方策の一つして、電子マネー決済の導入があります。世の中には現金を持ち歩きたくないと考えている人がある程度いて、そういう人の財布の中には少々の小銭とカード類しか入っていないことが珍しくありません。現金しか受けつけないでいると、そういう人にお客になってもらうことは難しいですが、電子マネー決済を使えるようにすれば、店に寄ってくれる可能性が出てくるので売り上げが増えるかもしれないというわけです。
また、キャンペーンなどに魅力を感じて電子マネーカードを作ってみたけど、使えるところが少なくて放置状態になっている人も少なからずいます。電子マネー決済を導入すれば、そういう人たちが電子マネーを使ってくれるかもしれません。

代理店を見つけて申し込む

では、電子マネー決済を導入するためにはどうすればいいのでしょうか。電子マネーにはいくつかの種類があり、どれを使えるようにするかで違ってきますが、基本的には代理店に申し込むことになります。注意したいのは、代理店によって制限を設けている場合があるということです。たとえば、社員食堂や学生食堂への導入は認めるが、それ以外の店からの申し込みは受けつけないというところもあります。申し込んでから、当社の基準に合わないという理由で断られるのは時間の無駄なので、あらかじめ確認しておきましょう。
また、いきなり一つの代理店に決めて申し込むよりも、複数の代理店に導入費用やランニングコストの見積もりを出すようにいって比較した方が、店に合った代理店と契約できる確率が上がります。

電子マネーは現金を事前にチャージし、そのカードを利用できるお店で決済します。そのため、電子マネーで決済する事によって現金を持ち歩かなくてすみます。カードをセンサーにかざすだけなので簡単です。